記事一覧

デジタル・カメラの仕様:Bits per pixel

今日はこれからライヴを見に行くため、またカメラの話題です。

デジタル・カメラの性能を比較する際、一般にはあまり比較対照とならない仕様に「Bits per pixel」というのがあります。

普及品タイプのカメラには書いてないこともあります。高級機タイプでは必ず書いてあり、たいていは12ビットか14ビットになっています。

日本語のカタログなんかでは「画像タイプ」などという項目の中に書かれていて、何の数字か多少あいまいです。英語のカタログだと「Bits per pixel」という項目になります。ピクセルあたりのビット数ということなので、階調を表しているのだと思います。

この数字が撮像素子から画像処理エンジンに渡すデータのビット数なのか、画像処理エンジンで生成する画像のビット数なのか、実はよく知りません。

ただいずれにしても、2ビット違うということは、階調が4倍細かいということですから、14ビットに越したことはありません。幸いわたしのカメラは14ビットになっていました。

前回カメラについて書いたとき、トーンカーブの調整について書きましたが、トーンカーブの調整をするということは、階調の一部を拡大することになります。

ということは、通常の階調表示では12ビットでじゅうぶんでも、トーンカーブを調整する際には14ビットのほうが望ましいはずです。

ライヴを撮ろうと思って買った最初のカメラは、12ビットでした。試しに以前そのカメラで撮った写真で、トーンカーブの調整をしてみましたが、あまりいい結果は出ませんでした。もちろん他の要素が影響しているかもしれません。

コンデジではほとんどの機種が12ビットのようです。一眼レフを購入する際も、14ビットであることを一応選択のポイントにしようと思っています。

写真は「選択の芸術」

14日の写真は、おかげさまで結構よく撮れていました。

ISO感度を上限が400のオートにして撮っているのですが、ISO100とか200とか、低感度で撮れた写真がいくつもありました。下北沢REGの照明が、比較的明るかったことが幸いしたようです。低感度で撮れると、やっぱり画面はノイズが少なくきれいです。

わたしの場合、バンドならメンバー全員をいっしょに撮ろうとします。全員で撮ったときにカッコよくないといけない。バンドとはそういうものだと思っています。

そうなると、メンバーひとりひとりが絵になって、一枚の写真の中に収まっていないといけません。ピントは基本、メイン・ヴォーカルなどのフロント・プレーヤーに合っている必要があります。そして照明も画面を美しく彩っていなければなりません。

そういった瞬間は、やはり偶然の力を借りないと捕らえられません。数多く撮った写真の中からの選択が必要になります。

以前、写真雑誌の記事に「写真はある意味、選択の芸術ですから」という文章が載っていて、共感したことを思い出しました。

自然の風景や建物の撮影の場合、あるいは人物でも記念撮影とか、モデルとして被写体になってくれるとかの場合は、撮り方を工夫しながら画面を作っていくことができます。一方で、スポーツだとかの場合は、一度だけのシャッター・チャンスを逃さず撮れるかどうかが勝負のこともあります。

ライブハウスの撮影は、シャッター・チャンスは一度だけではありませんが、画面を作っていくこともできませんので、撮った中から選び出す作業の比重が大きくなります。

それで「選択の芸術」という説に納得する訳です。

写真加工:トーンカーブ

今日はこれから、ライヴを見に行くので、また少しカメラのことを考えてみたいと思います。

デジタル写真の後加工のソフトウェアには、「トーンカーブ」という機能があります。実は最近、ライブハウスでの撮影の条件、ライティングが逆光、あとは暗いという場合、これがなかなか効果的なことに気がつきました。

音の加工にもダイナミックをトーンカーブで補正するのがありますが、考え方はまったくいっしょです。

ユーザーインターフェースも下記のような感じで、音の場合と似ています。
ファイル 28-1.gif

こうすると写真が明るくなります。
ファイル 28-2.gif

こうすると写真が暗くなります。
ファイル 28-3.gif

以前、写真はISO感度、F値(絞り)、シャッター・スピードの3つでコントロールすると書きました。フィルム・カメラの場合は、フィルムの特性は物理的に決まっていますので、カメラ側ではいじりようがありませんが、デジタル・カメラの場合は実はこのトーンカーブが加わっているのではないかと思っています。

というのは、いま使っているSamsungのカメラで暗い場所でシャッター・スピード優先でブラケット機能を使って試し撮りしたことがあります。ブラケット機能というのは、露出補正を「0」と「+1」と「-1」の3つに設定を仕分けて連射するという、適正露出を得るための機能です。

撮った写真のデータを見ると、露出補正が「0」のとき既にF値が解放、つまり絞りが最大に開いて、いちばん明るく撮れる設定になっていました。

シャッター・スピード優先なのでシャッター・スピードは固定され、ISOも固定ですから、これでは「+1」でもこれ以上明るくは撮れないはずです。ところが、写真はちゃんと3枚で明るさが変わっていました。

ということは、ISO感度、F値(絞り)、シャッター・スピードの3つでコントロールしきれなくなった場合、カメラはトーンカーブをいじっているのではないかと思った訳です。

ISOとF値とシャッター・スピード

もう少し、カメラのレンズの明るさに関して書いてみたいと思います。

撮影の際にいじれるカメラのパラメータは、ISO感度、F値(絞り)、シャッター・スピードの3つしかありません。この3つがどう関係するかということです。

「ISO感度」は、昔のフィルムの感度をシミュレーションしたもので、100、200、400と数字が2倍になるごとに感度が2倍になります。

「F値」は、数字が1.4倍になるごとに、明るさが半分になります。わたしのカメラのF1.8を基準にすると、2.5、3.5、4.9となることで明るさが1/2、1/4、1/8になります。

「シャッター・スピード」は、1/15秒、1/30秒、1/60秒と速くなれば光を採り込む時間が短くなるため、暗くなっていきます。

つまり、シャッター・スピードを固定にすると、

ISO400でF1.8 = ISO800でF2.5 = ISO1600でF3.5 = ISO3200でF4.9

これらがすべてイコールとなり、同じシャッター・スピードの時に同じ明るさで写真が撮れる設定ということになります。

一方F値(絞り)を固定にすると、

ISO400で1/15秒 = ISO800で1/30秒 = ISO1600で1/60秒 = ISO3200で1/120秒

シャッター・スピードを2倍にするには、1段階明るい感度が必要になるという訳です。

わたしのカメラはどうやらISO400が限界で、これ以上感度を上げるとノイズが多くなって使えません。このため、ISO感度は400までとして、シャッター・スピードをなるべく遅くし、1/30秒か、1/45秒で撮っています。シャッター・スピードが遅くなれば、アーティストが動くので被写体ブレが出ます。シャッター・スピードは、できれば最低でも1/60秒くらいにはしたいところです。

一眼レフでは撮像素子の大きさのおかげで、2段階くらいは高感度に強そうなので、ISO1600までなら安心して撮れそうです。

しかし、一眼レフのレンズ・キットによくある標準ズームのF3.5のレンズでは、感度をISO1600に上げても同じ程度の撮影しかできないことになってしまう訳です。

一眼レフで、F1.8やF2.5のレンズを手に入れれば、圧倒的な向上になるはずですが、単焦点レンズならともかくズーム・レンズだと、これがめったにないんですね。

巨大なカメラ

前回デジタル・カメラの撮像素子について書きましたが、撮像素子が大きくなれば画質に関しては有利になる反面、残念なことにカメラはそれに比例して大きくなっちゃうんですね。

スペックだけで選んでいくと、本当に巨大なカメラになってしまいます。一眼レフのあのずんぐりむっくりした感じも、わたしはいまひとつピンと来ませんでした。価格も相当なものになります。

そこで買い換えた2台目のカメラも、1/1.7の撮像素子を積んだコンパクト・デジタル・カメラになりました。SAMSUNGのTL500というカメラです。

SAMSUNG TL500
ファイル 15-1.jpg

 光学ズーム範囲:24mm~72mm(35mm換算)
 F値:1.8(広角端)~2.4(望遠端)

このカメラは韓国製で、日本では販売していないので、米国のamazonから購入しました。

F値というのがカメラのレンズの明るさを表しますが、TL500のF値はF1.8で、コンパクト・デジカメの中では最も明るいレンズを搭載しています。

これで、だいぶ撮れる範囲は広がりましたが、まだ暗いステージでは思うような写真が撮れないこともあります。

ライブハウスでフロアが混んでくると、大きなカメラを構えて動き回るなんて無理ですからね。なんとかカメラは大きくせずに、暗い場面でも余裕を持って撮れるカメラを手に入れたいと思う日々です。

デジタル・カメラの撮像素子の大きさ

ライブハウスでの撮影を始めるに当たって、レンズの明るいカメラを探して買ったつもりだったんですが、あとになって知ったのは、デジタル・カメラの撮像素子の大きさに大きな差があることでした。

デジタル・カメラの撮像素子の大きさ
ファイル 14-1.gif

上の図が、一般的に使われているデジタル・カメラの撮像素子の大きさですが、だいたい5種類くらいあります。

フルサイズというのが、35mmフィルムの大きさに近いもので、これだとフィルム時代の一眼レフ用交換レンズが使用可能です。高級一眼レフに使われています。

ひとサイズ小さいAPS-Cというのが、中級、エントリー機の一眼レフに使われている大きさです。

フォーサーズは、オリンパスやパナソニックのミラーレス一眼に使われている大きさです。

その下のふたつが、コンパクト・デジタル・カメラ使われているのもので、大半のデジカメは1/2.3、高級コンデジといわれる一部の機種で1/1.7のものが使われています。数字の単位はインチです。

わたしの買ったカメラは、1/1.7のものでした。

暗い場所での撮影は光が限られるため、大きい撮像素子で受光したほうが有利なのは間違いありません。

フィルム時代には、プロ専用の大判のフィルムを使うカメラを別にすれば、一眼レフからレンズ付きフィルムの使い捨てカメラまで、35mmフィルムという同じサイズのフィルムが使われていましたから、これは衝撃でした。

ライブハウスでの写真撮影

1週間前にライブハウスで撮った写真がうまく録れてなかったので、またぞろ新しいカメラが欲しくなってきました。とはいっても、「これだ!」というカメラはなかなか見つからないんですけどね。

写真はインディーズチケットオンラインを始めてから、撮るようになりました。ライブハウス以外ではほとんど写真は撮らないので、ライブハウス専門で撮っています。

ライブハウスでの撮影は結構難しいです。

暗い、逆光、被写体が動くという、写真撮影に厳しい条件が3つ重なっています。なかなか上手く撮れないところが、面白いところかもしれません。

暗いというのは、ライブハウスではアーティストに照明が当たっていないことが多いからです。

一般のステージ照明と違って、ライブハウスの照明は演奏効果を演出することが主目的で、必ずしもアーティストに光を当てるということではなさそうです。そのため、照明が客側に向いて、フロアからステージを見た場合逆光になっていることが多いです。

さらには、アーティストの希望で照明自体を暗くすることも多いですね。

フラッシュは、照明効果のじゃまになりますし、撮った写真も雰囲気をなくしてしまうので使えません。

そこで、明るいレンズで、高感度に強いカメラが必要になってきます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

カレンダー

2017年11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -

筆者のプロフィール

  • 竹内 晃

  • 1953年巳年生まれ
    電子楽器メーカーコルグに30年間勤務。退職後インディーズチケットオンラインを立ち上げ、現在に至る。

過去ログ