記事一覧

追悼 スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズが亡くなったんですね。年齢も近くその活躍を初期から見てきただけに、かなりショックです。

アップルからの引退を表明して、わずか二ヶ月しか経たずに訃報を聞くとは思いませんでした。

私自身はほとんどアップル製品を使ってこなかったにもかかわらず、ジョブズのアップルには常に関心を持ってきました。

若いときはトム・クルーズみたいでしたね
ファイル 48-1.jpg

ジョブズはゲーム・コンピュータのアタリで働きながら、一時期インドを放浪したりしていましたが、アップルを創業し、APPLE IIの成功でアップルを大企業にしました。

その後、大企業となったアップル社の体制を強化すべく自らCEOとして招聘したジョン・スカリーに、不本意にもアップルを追い出されることとなります。ネックスト社を創業してコンピュータ市場に再挑戦するものの思うようにはいかず、不遇の時代を過ごします。

ルーカス・フィルムのピクサーを引き受けたのがチャンスとなって、CGアニメをディズニーに売り込み制作した「トイ・ストーリー」の大ヒットで、ディズニーの大株主となりました。

そして、ネックスト社のOS技術を携えてアップルに返り咲きます。その後、立て続けにiMac、iBook、iPod、iPhone、iPadのヒット商品の数々を市場に送り出しました。

まるで、ハリウッド映画のようなダイナミックな経歴です。

60年代のヒッピー文化から2010年までの駆け抜けたという意味では、60年以上の年月を56年に凝縮して生きたのかもしれません。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

カレンダー

2017年11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -

筆者のプロフィール

  • 竹内 晃

  • 1953年巳年生まれ
    電子楽器メーカーコルグに30年間勤務。退職後インディーズチケットオンラインを立ち上げ、現在に至る。

過去ログ