記事一覧

マーラー・ツィクルスI

9月15日からインバル=都響のマーラー・ツィクルスが始まりました。2014年の春まで掛けて、マーラーの交響曲を第1番から第9番まで演奏していきます。

初日を池袋の東京芸術劇場で観てきました。「交響曲第1番」です。

今日の新聞に広告も出ていたし、大いに期待して行ったのですが、なんだか少しも感動できなかったんですね。

インバルのマーラーの集大成がこんなはずでは…とがっかりして帰ってきました。

音がすごく悪いように思ったんです。ステージ中央から若干右寄りの席だったのに、比較的近いコントラバスの低音が響いてこない。全楽器の全合奏になると、バイオリンの音がキンキンしてきて、ぜんぜん金管系の音が届かない。

インバルと東京都交響楽団のマーラーは、一昨年に「交響曲第3番」と「交響曲第2番」を聴いてものすごくよかったんですが、場所は、サントリー・ホールと上野の東京文化会館でした。

実は東京芸術劇場へ行ったのは初めてです。家からいちばん近い本格的な音楽ホールなのですが行く機会がなく、今日まで来てしまいました。

東京芸術劇場は、先頃1年半を掛けてリニューアル工事をしていたそうです。
それほど古い訳でもないホールなのに、大規模改修をしたというのは、訳ありなんじゃないかと思った次第です。実はホールの音響が悪いとか。

次回今月末のマーラー・ツィクルスのⅡは、横浜のみなとみらいホールで観るので、ホールの違いによる音の違いも確認して来ようと思います。