記事一覧

蟲ふるう夜に MUSHIFEST 2013

12月14日にMUSHIFEST 2013を見てきました。

蟲ふるう夜にの結成記念自主企画ライブだそうで、毎年開催しているらしいのですが、見るのは今回が初めてです。

渋谷GARRETとCYCLONEの二つのライブハウスを使っての開催で、GARRETが「光ステージ」、CYCLONEのほうが「闇ステージ」と銘打たれ、総勢10組のアーティストが出演する大掛かりなイベントです。

蟲ふるう夜には、GARRETでのトップと、CYCLONEのトリでの出演です。

光STAGE(GARRET)
ファイル 71-1.jpg

闇STAGE(CYCLONE)
ファイル 71-2.jpg

正直、光ステージのほうでは、会場の空気をガラッと変えてしまう蟲マジックが感じられませんでした。

バンドの調子が出ていなかったのか、会場に入ったばかりのリスナーの自分が乗り切れなかったのか、ちょっとアレッという感じを持ちました。

しかしトリの闇ステージでは本領発揮、蟲マジック横溢で不安も解消して、大いに楽しめました。

前日予習にCD『第2章 蟲の声』を聞いていて、スローな曲で郁己のドラムが実にいい音を出しているのに気がつきました。ドラムスもこのバンドの聴き所です。

さらに、今回は慎之介のヴォーカルが、グンとよくなっていましたね。

ますます今後が楽しみな蟲ふるう夜にです。

さて、今回のテーマが光と闇なら、「闇夜に光り~」の歌詞がある「ヒトの音」をやるものと信じて会場へ向かった私ですが、残念ながら「ヒトの音」の演奏はありませんでした。